不動産テックのプライバシー

不動産テックのプライバシー

膨大な不動産データと利用者とのマッチングが不動産のテクノロジーの核となる。不動産物件データは、仲介事業者がデータベースに登録して電子管理をしていたが、そのデータベースの検索をユーザー本人にさせることによって、人的コストの削減ととも利用者の自発的探索できることが労力であるがストレスをなくすといった効果によって市場が広がっている。

利用者がスマートフォンを利用するようになると、物件の探索アクションを行う場所の制限がなくなることからウエブサービスの利用が拡大した。データベースの検索できる機能追加により、物件と利用者のマッチングの精度と他に合う物件が存在しないという次にはいい物件が見つかるかもしれないという先延ばしが解消されていると思われる。

物件検索そのものは、「探している物件はどのようなものなのか?」という情報は、第三者によって詐欺の情報として利用が可能だ。物件詐欺の大型事件も存在する。

物件が決まってから、契約までに家主による審査や金融機関による信用調査やローン審査などのプライバシーに関する情報が必要となる。情報を提供しないと審査不合格や契約が結べないため信頼の高い事業者を選ばないと危険だ。

不動産テックでも、日本の契約法制度の電子化がそれほどすすんでいないので、電子データのみで全てを行うことができないため、仲介する事業者の担当者やそのオフィスなどの確認ができる。民泊などは、利用に人的な信頼確認ができないためトラブルも多い。

不動産テックのプライバシー問題

・利用者の検索行動情報などがマーケティングデータとして利用される場合に目的外利用のリスクがある

・契約までにプライバシー情報の取扱があるため、取扱いや情報提供先などの認識がされないリスクがある

・利用者は詐欺犯罪のターゲットとなる価値のあるため犯罪のリスクがある

・検索などにプライバシー性の高い情報の収集には利用者の不信感が高まるリスクがある

・不動産テックの連携企業に悪意がある事業者が含まれている場合はデータ不正利用のリスクがある

当社で支援している解決策として

・プライバシー情報の収集内容と利用時のリスクを明らかにし、

・業務別のセキュリティ対策を行うとともに

・責任者を中心にプライバシーガイドラインの内容の理解

・CPA研修

・プライバシーステートメントでの透明性の確保

・TRUSTe認証の取得

不動産業界でプライバシー品質を高めたい事業者の方はご連絡ください。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Social Icon